ざっかん!

仕事関係とか家づくりとか

積水ハウス納得工房、株式会社一条工務店工場見学

だいぶ間が空いてしまいました

 

ここ最近は土日はずっと住宅系のイベントにひらすら参加してました・・・

(娘よ・・・連れ回してスマヌ(._.))

 

ここ数週間で参加したイベントは下記のとおりです。

 

積水ハウス(納得工房)

・株式会社一条工務店 工場見学

住友不動産 住まいの見学会(別記事にします)

 

順番に感想を書いていこうと思います。

 

 

積水ハウス 納得工房

f:id:haru_ymkw:20170117213147j:plain

関西では京都府木津川市にあります。

 

結論から言うとメーカーめぐりを初めた初心者向けイベント

でした

 

一日の流れは

①モデルハウス見学(え?わざわざここまできて?)

②基礎と制振装置の説明(ここだけは盛り上がった(;゚∀゚)=3)

③断熱材の説明

④ダインコンクリート自慢とヘーベルハウス批判(笑)

⑤お昼ごはん(お弁当おいしかったです^q^)

⑥内装関係ショールーム見学(眠い)

 

15分位ALCの悪口言ってたんでちょっと笑いました

良いじゃん業界No1なんだからそんなにヘーベル叩かなくても・・・

ヘーベルALCの悪口言った他社を訴えた過去があるので、積水営業マンも名指しじゃなくて「ALCを外壁に使うメーカーなんてありえない〜」みたいな言い方でしたね)

 

ダインコンクリートは見た目もかっこいいし、メンテもかからなさそう(根拠は不明なので調べる必要はありそう)なので魅力的ですね

オプションなので鬼ごっついお金取られそうですけど(;・∀・)

 

ほかの説明もふんわりした説明でしたが(高性能グラスウールを入れてるので断熱性がすごいんです〜みたいな)他の参加者の人たちはウンウン頷いてらっしゃったので他の皆さんはご納得されたんでしょう(笑)

 

工房と言いつつ工場ではなく研究施設(開発職とか技術系は皆ここにいるみたいですね)なので、何かを作っているところは見れない所に注意です。

その辺の営業の人に聞いたら「部材等を生産している工場は通常は一般公開してない

とのことです

 

僕みたいな天邪鬼は見せてない=見せられないと捉えちゃうのでマイナスポイント

現場のボンクラ職人の技術に左右されない工業化住宅を謳うのなら

工場の生産工程を公開することは必須だと思うんだけどな〜

 

という感じで不満噴出状態でした。以下まとめです。

 

積水ハウス納得工房まとめ>

・説明がヌルい。何を納得したら良いのか教えて

・新人営業マンが説明してたみたい。説明の練習台にさせられてた感じ(眠い)

・初めてハウスメーカーでの家づくりを検討する段階なら参加するのはありかも

設備が総じて古い。データも古い(2012年頃のものでは?)

・わざわざ遠出してまで行く必要性は感じなかった

・ぶっちゃけ積水ハウスで建てたい人が、「ウチの家は断熱も耐震も大丈夫なんだ〜」って安心するためのイベント

 

積水ハウスへの印象>

・なんでも出来る(他社がやってることはたいてい手を出してる)

・ダインコンクリートかっこいい(但し高そう)

・グラスウール使用なのが嫌(屋根はロックウール、2階との間にはALCを入れるみたいだけど)

・耐震性はシーカス(制振ゴム入りダンパー)だのみ

・ブレースが入ってるのがすごくマイナス(曲がるじゃん)

・基礎の作り方(通常T二回に分けてモルタルを流すところ、1回で立ち上げる)が合理的で良い

・このメーカーを選ぶ人は積水ブランドが好きなんだろうな・・・僕には良さがわかりませんでした

 

②株式会社一条工務店 工場見学

(写真撮るの忘れてました)

関西では三重県の名阪工場?に行くみたいですね

 

くそ寒い雪の日だったので断熱性を見るのにちょうどいい感じでした

 

不満だったのが、工場見学と聞いていたけどここは工場じゃなくて物流拠点だということ(#^ω^)

多少柱にカンナかける設備とかがあるくらいで、生産自体はフィリピンでしてるみたいです。

(営業トークで「フィリピンの一番人気の就職先で、ものすごくいい大学出た人が就職しに来る工場だから品質がry」って言ってました←そんな優秀な人がわざわざ工場で働くかな?常識的に考えて)

 

①DVD見る(内容は忘れた)

②構造・設備説明・免震体験(防犯ガラス標準なのがいい感じ)

③お昼ごはん(お弁当美味しい)その後に抽選会(オプションが当たる感じA賞とB賞の二択でAは20〜30万相当、Bは10万相当くらいかな?)

④床暖房体験

⑤工場見学

 

免震の建物に乗って体験するやつをやってみました

確かに全然揺れの感じ方が違う

結構大掛かりな装置なので、オプション扱いでものすごい金額がはるらしいです

 

営業に話を聞こうとしたら「でも免震は地盤が固くないと採用できないので、大阪で採用する率はめちゃんこ低いですね(意訳」っておっしゃっておりました・・・

(アンタそんなこと言っちゃっていいの?)

 

僕が担当していただいた営業の方、この他にも頼んでいたタブレット端末を忘れたり、エレベーターで降りる階を間違えて押して違う階を案内しようとしたり、昼食を食べてるときも無言で僕らと同席で飯をつついているなど、ちょっと駄目な感じです(・_・;)

(本音を言うとこの時点で一条に頼むことになったとしてもこの人に頼む気は一ミクロンも無い。)

 

床暖房体験ですが、コレは非常に良かった

一条が推してる25℃くらいの全館床暖房は修理が不安(60年とかもつの?)なため

もう少し検証したり、評判を拾って耐久性を調べる必要があると思いますが

 

エアコン暖房との比較ができたところが非常にいいですね

 

また、気密性もものすごく自信があるということが分かりました

 

値段次第では一条もありかな〜という気持ち

 

<株式会社一条工務店 工場見学まとめ>

そもそも工場じゃない

・気密性、断熱性は確かに良い(未来永劫その性能が維持されるかは別問題)

場所は遠いが行く価値はある(断熱性能とかの体験、あとオプションが当たる抽選。一条は値引きがないというウワサのため)

・耐震に自信があるみたいだが、免震が使えない場合はどうなんの?何に担保されているか根拠不明

・防犯ガラスが標準仕様(二階も標準というのは良いと思う)

・iSmart35坪くらいコミコミで2500万円くらいとのことだけど(例の頼りない営業談)ホントかな〜?

 

 

こんな感じです。

天邪鬼な上に口が悪いのでこんな感じの書きぶりでしたが

ネガティブ情報は家づくりをする上で結構大事だと思うので

参考にできるところは参考にしていただければ幸いです。